風博士公式サイト - プロフィール

kazehakase
画:今野満寿喜
熱海生まれ浦安育ちの杉山拓による音楽プロジェクト。風博士という名前は、坂口安吾のデビュー作から。2002年ごろ、バンドとして京都で活動を開始する。2006年、くるり岸田繁プロデュース『みやこ音楽V.A.』に「シャボン玉飛ばない」で参加、好評を博す。2008年3月から3年間、定住所を持たずギター一本で全国を回るツアーを敢行(風博士の風まかせツアー)、2011年3月、自身の入籍と共に旅を終えた。その後、3ヶ月半の長野での借りぐらしを経て、2011年7月末より、今度も定住所を持たずに、車をマイホームに見立てて全国を回るツアーを妻と二人で断行(風博士のマイホームツアー)。2012年、第一子誕生に合わせて山口県周南市(徳山)に居を定め、音楽活動を続ける。

ニューミュッジクやフォークに基づいたメロディと、ブラジル音楽に影響を受け独自の進化を遂げた弾き語りスタイルは、「軽快さと熱さ、都会的で土着的、叙情とクール、センスあふれるメロディとギターのバッキング」と評された。
2012年9月現在、6枚のフルアルバムと、4枚のコンピレーションアルバムに参加している。
2012年9月 6thアルバム『声とギター』発表
2011年8月 5thアルバム『home』発表
2010年5月 4thアルバム『 SOMETHING OF MUSIC』発表
2009年3月 3rdアルバム『日暮しグルーヴィアン』発表
2008年4月 2ndアルバム『グッバイラブタウン』発表
2004年1月 1stアルバム『風のノイズは僕たちの』発表